macaronberry

ペットシッター・ペットホテル

お急ぎの場合:080-1824-8360

info@macaronberry.com

<代表者紹介>

高島弥生 (H.7/9)

福島県いわき市生まれいわき市在住

茨城県アジア動物専門学校 卒業

動物看護師歴8年

NPO法人動物愛護団体活動歴3年

<保持資格>

認定動物看護師

動物看護師2級

キャットグルーマーB級

小動物介護士

動物看護師eラーニング寄生虫ケア&ワクチン部門アドバイザー

<その他>

普通自動車免許

普通自動二輪免許

英検準二級

​PEACE(命の搾取では無く尊厳を)賛助会員

  • LINE
  • Facebook

愛猫オパール

​(保護猫・享年1才11ヶ月)

愛犬ウラン

​(保護犬・享年18才)

愛犬ラブ

​(13才)

macaronberry

代表:髙島 弥生

こんにちは。
macaronberryの代表をしております(1人)髙島弥生です。
簡単に自己紹介をさせて頂きたいと思います。
 
以下、箇条書きです。
集団行動が苦手、学校生活が苦手、同性と接するのは難しい・勉強は全般苦手で唯一英語が得意科目、ベリーショート&癖毛、丸顔、胴長短足、腕が妙に長いのが気持ち悪い、人見知り、会話が苦手、顔見て話す事が苦手、電話が苦手、声が低い、ぼそぼそ話す、冗談が通じない、他人に無関心、引きこもり、映画好き、ドラマ大好き、バラエティ好き、動物番組は泣くから見ない、方向音痴、字の汚さは一生治らない、独り言が多い、大家族と大食いの番組が好き、犬猫とよく話す、変に真面目、絡みにくいと言われる、この人ダメと思ったら年上の人でもきつく言う、騙されやすい、ビビりがひどい、店員さんに注文を間違えられても言わない、ブランド興味なし、基本友達少ない、好きな友達はずっと繋がる、パン好き、炭酸好き、甘いの好き過ぎ、腹10分目まで食べ続ける、家ご飯好き、(動物福祉の観点から)非肉食者、豆全般苦手、味噌汁苦手、動物実験反対、毛皮反対、かわいそうな犬猫を放っておけない、、、
以上は仕事に持ち込んでいないつもりですが、時々漏れてしまうかもしれません。
映画は基本的にミュージカル・SF以外を観ています
記憶に残る映画は、君がくれた物語、私の頭の中の消しゴム、アデライン100年目の恋です。
ヒューマン系は結構好きで、恋人や家族との間に起きる出来事だったり自分に置き換えて考えさせられるストーリーが好みなのわかりませんが涙活にはおすすめです。
​ワイスピ・スパナチュ・ウォーキングデッド・SAW・テキサスチェーンソー・・・アクション、スプラッターも大好物です。とにかくテレビ大好きです。また思い出したら追記しておきます。
専門学校を卒業し、市内の動物病院に看護師として8年間お世話になり、9月よりペットシッターとして始動いたしました。
都内や関東では珍しくなく、飼主さんにもよく利用されるペットシッターですが、こちらには無いですね。あるのかな?あっても~。という感じでしょうか。
そもそも私が動物関係の仕事に就きたいと考えるようになったきっかけは私の飼っていた犬(うらん)でした。
18年前の真冬に道路脇に置き去りにされていた彼女を保護した事が全ての始まりです。
五体不満足で体も弱く、他に預ける事が出来ないので毎日ケアが必要でしたが、彼女はいつも強気で番犬にもなり、生命力がありました。
動物病院に勤めて間もなく、老犬ホームの存在を知った私はいつか自分でやりたいと考えるようになりました。
2018年1月にうらんがお空へ行き、病院卒業を決めました。
享年18歳でしたから私もそれなりにいい歳なのですが、これまで結婚について考えた事はありません。
ペットシッターは将来への足掛かりとして。
基盤をしっかり作ること、軌道に乗ったら老犬老猫ホームを建設し終生飼養、保護犬猫の里親探し、仲間をつくる、飼主と犬猫が最期まで共生できる当たり前の世の中を作る、動愛法を厳罰化させる活動をする、無駄な命を生ませない為の活動をする、ペットショップを廃止する、殺処分場ではなく譲渡型の保護施設を作る・・・
やりたい事や世の中の変えたい事がたくさんあります。
きっとこれからもっともっと増えていくと思いますが、金銭面の問題は常にあり、信頼できる仲間も必要だと考えています
ある飼主様との出会いから、新しくわんちゃんを迎える事になりました。
シニアということもあり、今後仕事との連携を模索する必要がありますが、現在は問題なく良く食べ良く寝てよく甘えています。
苦労されている飼主様は十分ご存知かと思いますが、猫一匹、犬一頭を飼うだけでも当たり前のお世話をすればお金と時間がかかるものです。
某施設のように受け入れるだけ受け入れて実は悲惨な状況だった、なんてことは本末転倒です。
急がば回れ”
今は1人でも多くの飼主様と繋がり、信頼を得て仕事をこなす事が第一と考えています。
おかげさまで、ペットシッターとして活動を始めてから来月で1周年を迎えます。
何か飼主様に恩返しになるような事ができたらいいな、と考えています。
ペットシッターに不安を感じている飼主様へ。
私はこれまで、様々な飼主様と出会い、みんながみんなどこかへ預けられる状況・状態ではなく、それに代わるサービスがいわきには無いという事を知りました。
今はペットホテルで間に合っているという飼主様も、いつか困った時に頼れる場所の候補としてペットシッターを考えて頂ければ幸いです。
動物看護師の経験からサポートやアドバイス出来る事があるかもしれません。
人様のご自宅へ入る事は毎回緊張しています。
初めての人間をいきなり留守中の自宅に入れて平気な人はいないでしょうし、私も嫌です。
飼主様の不安を拭うために、事前打ち合わせにて飼主様とじっくりお話をさせて頂いています。
その場で愛犬・愛猫の事もたくさんお伺いします。
予定の1時間を超えてしまう事が殆どですが、私にとってはもちろん、飼主様にとっても大事な家族を預けられるか否かを見極める重要な時間なだけに時間を要します。
お話をお伺いする中で、お世話の質の向上のため看護師の視点からお話しさせて頂く事もあります。
お世話の他、私へのご質問でも何でも聞いていただいて構いません。
ペットシッターについて、どのような仕組みなのか話だけ聞きたいという飼主様のご要望にもお応えします。
簡単ではありますが、以上で紹介を終わります。
macaronberryを末永くよろしくお願い致します。​
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now