top of page

Iwaki3月号掲載!!!

こんにちは。

macaronberryの髙島です(´▽`*)

改めて自己紹介してみました。

今月発売の

Iwakiタウンマガジン3月号95ページ

見て頂けましたか????

macaronberryの内観が一部だけ載っています☆

無人で撮影しようとしたら

『ここ何??』状態になりそうだったので

急遽!飼主様からOKを頂き

お預かりしていたTプーちゃんにお部屋のモデルになって頂きました❤

あっちからてくてく♪

今度はこっちからてくてく♪♪

そんな撮影を繰り返すうちにTプーちゃんに異変が。

撮影してくれていたS氏に突如アピールが始まり撮影は中断。

そしてそのまま終了(笑)

男の子同士じゃれ合う姿を遠くから眺め動画に納めました。

ムービーページから彼らのいちゃつきぶりが観れます☆

よかったら覗いてみてください♪


そして

今月のIwakiをまだ見ていない飼主様!!

良ければお手に取って95ページ左下をcheckして頂けると光栄です.゜+.('∀`*).+゜.

わんちゃん・ねこちゃんを大切にお預かり、お世話代行致します。

たくさんのお問合せをお待ちしております☆

お気軽にLINEもご利用ください♪



0件のコメント

最新記事

すべて表示

介護食

*噛まなくても喉を通りやすいタンパク質 【用意】 ・お好みの蛋白食材(鶏ささみなど)1本 ・お水200ml ・糸寒天1g ・絞り袋、口金 ・ブレンダー 【レシピ】 ・鶏ささみを沸騰した鍋に入れ約5分火を通す ・そこへ糸寒天を投入し、約2分煮溶かす ・火を止めて、ブレンダーorミキサーorフードプロセッサーでペースト状にする ・口金の先が焼く1/3出るよう絞り袋を切り、口金を絞り袋にSET ・ペース

愛犬の認知症チェック✔

これまで当店でお世話させて頂いたわんちゃんの中で、認知症があり介護が必要だった子は10割が柴犬または日本犬の雑種であり、未去勢の男の子、発症時の年齢は14~15歳、8~9割が1日のほとんどをお外で過ごしていた子達でした。 あくまで小規模な当店の統計にすぎませんが、和犬の子は認知症リスクが高いというのは事実あるので、シニアになってからの飼養環境やお世話の仕方は見直しをしてあげた方が後々わんちゃんにと

老犬VS食餌

老齢犬や寝たきりなどの介護犬のお世話を経験された飼い主様であれば、愛犬の食餌に苦労された事が一度はあるのではないでしょうか。 今回は食欲減退時に試してみたい食品についてあげていきたいと思います。 愛犬の健康状態にもよりますので、心配な場合はかかりつけの獣医師へ確認してみて下さいね。 以下はあくまで健常犬ではなく、老齢期・介護・寝たきりなどにより食欲が落ちてきてしまっている子のお助けアイテムとして見

Comments


bottom of page