top of page

外猫ちゃんも寒さ対策

ここ最近は寒さが厳しくなりましたよね。

朝晩、外に出る時はあったかいもこもこぶわぶわの服を着て完全防備をしていますが、なぜか他の人は信じられない薄着で外を歩いています。

首回りもスースーしていて、私だけアホみたいに厚着しているように感じるのですけど、もう寒いですよね?風邪引いちゃいますよね。

厚い上着・手袋・マフラー必須アイテムで間違いない気温なんですけどね。

湯本と平ではそんなに気温差があるのでしょうか。

それはさておき、そんなに人も寒いのだからお外にいる猫ちゃんも寒さをしのぐために頑張っている事でしょう。

いわき駅の大工町公園には猫ちゃんが居着いているようで、朝晩時々見かけます。

ちゃんと食べているかな?と思ったらご飯を与えてくれている人がいるようで安心しました。

他にも、お店の入り口前に猫ちゃんがすっぽり収まるサイズの箱が置いてあり、ある朝その前を通ると箱の中で丸まって眠る三毛ちゃんを発見。

食べ物屋さんも多いですが、避妊去勢もされている子がいるようですし意外と外猫ちゃんに優しい地域なのかもしれません。

飲食店であれば外猫ちゃんを邪険に扱う人もいそうなのに、ありがたい事です。


お住まいの近くや近所に外猫ちゃんがいたら優しくしてあげて下さいね。

彼女たちの生き方を否定しないであげて下さい。

過酷な環境の中生き抜いているので、すぐには人に心を許してくれません。

警戒してシャーシャーしてしまいますが、自分自身を守る為なので温かく見守ってあげましょう。

外猫ちゃんの糞尿でお困りの方は一度ご相談ください。

猫避けのグッズも売られていますが、突き放すよりも共生する事を考えた方がストレスが軽減し、お互いにとって住みよい環境を作る事が出来ます☆


近日中にとある猫ちゃんの興味深い動画をムービーページにアップしますので、癒されたい方はどうぞご覧になってくださいね♪



0件のコメント

最新記事

すべて表示

介護食

*噛まなくても喉を通りやすいタンパク質 【用意】 ・お好みの蛋白食材(鶏ささみなど)1本 ・お水200ml ・糸寒天1g ・絞り袋、口金 ・ブレンダー 【レシピ】 ・鶏ささみを沸騰した鍋に入れ約5分火を通す ・そこへ糸寒天を投入し、約2分煮溶かす ・火を止めて、ブレンダーorミキサーorフードプロセッサーでペースト状にする ・口金の先が焼く1/3出るよう絞り袋を切り、口金を絞り袋にSET ・ペース

愛犬の認知症チェック✔

これまで当店でお世話させて頂いたわんちゃんの中で、認知症があり介護が必要だった子は10割が柴犬または日本犬の雑種であり、未去勢の男の子、発症時の年齢は14~15歳、8~9割が1日のほとんどをお外で過ごしていた子達でした。 あくまで小規模な当店の統計にすぎませんが、和犬の子は認知症リスクが高いというのは事実あるので、シニアになってからの飼養環境やお世話の仕方は見直しをしてあげた方が後々わんちゃんにと

老犬VS食餌

老齢犬や寝たきりなどの介護犬のお世話を経験された飼い主様であれば、愛犬の食餌に苦労された事が一度はあるのではないでしょうか。 今回は食欲減退時に試してみたい食品についてあげていきたいと思います。 愛犬の健康状態にもよりますので、心配な場合はかかりつけの獣医師へ確認してみて下さいね。 以下はあくまで健常犬ではなく、老齢期・介護・寝たきりなどにより食欲が落ちてきてしまっている子のお助けアイテムとして見

Comments


bottom of page