動物実験絶対反対動愛法改正求

動物実験、動物園、水族館、ふれあい、ペット販売、畜産など動物に関わる問題を調査、改善要求、普及啓発、法改正に向けた提言活動などを行っているPEACEさんをご存知ですか?

だいぶ前になりますが、毛皮の実態について調べようと思った時にPEACEさんを知り、資料を頂いたことがあります。そこで現状を知りました。

動物から毛皮をはぎ取る行為は命を奪うも同じ。到底許されるものではありません。

平気で生身の動物から毛皮だけをはぎ取る人間が存在している事にぞっとします。

それを国のトップが許している事が何より怖くないですか?

知らないでは済まされない状況です。

国が動かないなら一人一人がストップをかけていくしかないです。


先ほどSNSから拝見し、動物愛護法改正に動物実験関係者の団体が反対の動きをしているのだとか。

動物実験関係者連絡協議会という動物実験関連の業界団体のサイトに動物愛護法改正に反対する要望書が公開されたそうです。

色々書かれていました。

動物実験委員会に対する具体的な教育や訓練は行っていないんですね。

無知の人間が無数の動物を相手にして行う実験?殺戮?

製品自体の信憑性も疑わしくなってきます。

なぜ動物実験の実態を知る必要があるか、それは動物実験を経た製品や商品が世に多く出回っているからなんです。

せっかく良い商品が見つかっても、その背景にたくさんの小さな命の犠牲があると知ったらショックですよね。

現在は代替法もあるんです。動物を実験台として扱わなくても出来る実験があります。

それでも動物を使う事を止めない。

わざわざたくさんのサル達を輸入してきてまでやる実験とは一体何なんだ。

そこに使われているのはまさか我々の税金ではないでしょうね?


PEACEさんの活動をぜひ知ってください。

寄付や会員もあります。

賛同頂ける方、余裕がある方は、ぜひ。


最新記事

すべて表示

帰ってこない愛犬

「愛犬が逃げてしまいました。」 みなさんも一度はこのワードを聞いたことがあるのではないでしょうか。 SNSにはほぼ毎日と言っていいほど、飼われているわんちゃんがいなくなったという情報が出ています。 なぜ飼主さんの元から離れていってしまったのか。 なぜお家に帰ってこないのか。 お家に迎えるまでの経緯や、飼育方法、わんちゃんとのコミュニケーションやしつけの仕方など原因はさまざまあるかもしれませんが、飼

近況のご報告

九州地方豪雨災害により被災された方々へお見舞い申し上げますと共に、お亡くなりになられました方々へ心よりご冥福をお祈りいたします。 直接伺う事は出来ませんが、こちらで出来る限りのご支援をさせて頂き、被災された皆様の生活が1日も早く戻られますことをお祈り申し上げます。 まだ安心は出来ない状況ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 誠に勝手ながら、5月・6月のわんちゃん・ねこちゃんのお誕生日のお葉書

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now