top of page

力丸くんについて

今年の3月末に保護、4月頭から治療の為入院している力丸くんについて、最新状況のお知らせです。

この2か月間、先生はじめスタッフの皆さんにとてもよくして頂き、すっかり病院ライフを満喫している力丸くんですが、傷口はなかなか快方に向かわず、次の手段へ…!

先日、全身麻酔をかけて縫合処置をして頂きました。

ついでに去勢手術も行っていただき一石二鳥です。大感謝。

完全にレア状態だった患部が無くなりほっと一安心です。

とはいえ、今回の縫合ではまだ完璧ではないかもしれないようなので、引き続き状態を観察して頂きます。

しかし、動物はすごいですね。人間とは違うなとまざまざと感じさせられます。

麻酔から覚醒したらすぐにいつもの様子に戻ってナオナオ鳴いていたようです。

人間ではありえないですね。

早く良くなりますように。

安全な室内でのんびり猫生を過ごさせてあげたいです。

以上ご報告でした。






0件のコメント

最新記事

すべて表示

介護食

*噛まなくても喉を通りやすいタンパク質 【用意】 ・お好みの蛋白食材(鶏ささみなど)1本 ・お水200ml ・糸寒天1g ・絞り袋、口金 ・ブレンダー 【レシピ】 ・鶏ささみを沸騰した鍋に入れ約5分火を通す ・そこへ糸寒天を投入し、約2分煮溶かす ・火を止めて、ブレンダーorミキサーorフードプロセッサーでペースト状にする ・口金の先が焼く1/3出るよう絞り袋を切り、口金を絞り袋にSET ・ペース

愛犬の認知症チェック✔

これまで当店でお世話させて頂いたわんちゃんの中で、認知症があり介護が必要だった子は10割が柴犬または日本犬の雑種であり、未去勢の男の子、発症時の年齢は14~15歳、8~9割が1日のほとんどをお外で過ごしていた子達でした。 あくまで小規模な当店の統計にすぎませんが、和犬の子は認知症リスクが高いというのは事実あるので、シニアになってからの飼養環境やお世話の仕方は見直しをしてあげた方が後々わんちゃんにと

老犬VS食餌

老齢犬や寝たきりなどの介護犬のお世話を経験された飼い主様であれば、愛犬の食餌に苦労された事が一度はあるのではないでしょうか。 今回は食欲減退時に試してみたい食品についてあげていきたいと思います。 愛犬の健康状態にもよりますので、心配な場合はかかりつけの獣医師へ確認してみて下さいね。 以下はあくまで健常犬ではなく、老齢期・介護・寝たきりなどにより食欲が落ちてきてしまっている子のお助けアイテムとして見

Comments


bottom of page