また厳しい季節がやってきます。

みなさん、週末いかがお過ごしでしょうか?

土日がお休みの方は暖かい部屋でこたつでぬくぬく出来たら最高ですね。

家族そろってお出かけもいいですね。

お外は寒いですから温かい格好をしてくださいね。


夏の暑さも致死的ですが、冬もまたお外の子にとっては厳しいものです。

自分の体温と毛でしか暖をとることができませんから。

私たちは気温・体温に合わせて洋服を着たり部屋を温かくする事が出来ますが、お外にいるわんちゃんはじっと耐えています。

寒さで体温を奪われないようにぎゅうっと体を丸めたり顔をうずめたりします。

また寒くなると小屋にいる時間が長くなり、動きが鈍くなります。

高齢の子は長時間同じ体勢でいると関節がかたまり歩行に問題が現れるようになります。

そして、動かずジッとしているので脳への刺激が減りさらに老いを進めてしまう原因にもなります。

外飼いのわんちゃんには、以下のようなケアをお願いします。

・小屋の中に温かい厚地の毛布を敷き詰める(飼主様のお家で使っている物で十分です。)

・隙間風が入らないように小屋の周りを覆う(雨風に強い素材の物にしてください。)

・湯たんぽ(百均にも売っています)

・朝晩はお家の中・または玄関に温かいタオルなど敷いて過ごさせ、日中陽が出てきたらお外へ出す


また、夏の時期も同様にお伝えしてきましたが、餌や水を与えられていない、お世話をされていない、糞尿などを適切に処理していない飼主を見つけた場合は生活衛生課動物愛護係へ報告してください。

その際、自分の身元を知られたくない場合は、匿名である事を明確に伝えて下さい。

実際ご近所間のトラブルを避けるために通報時に匿名を使用される例はあるそうですから。


虐待だと判断した場合は、迷わず警察へ。

最近はSNSにあげられることが多発していますが、正しいことではないと思います。

その子の健康と命を守る事が出来るのはその場にいる方だけですので、ネットに拡散するのではなくその状況を撮影して警察へ通報してください。

最新記事

すべて表示

帰ってこない愛犬

「愛犬が逃げてしまいました。」 みなさんも一度はこのワードを聞いたことがあるのではないでしょうか。 SNSにはほぼ毎日と言っていいほど、飼われているわんちゃんがいなくなったという情報が出ています。 なぜ飼主さんの元から離れていってしまったのか。 なぜお家に帰ってこないのか。 お家に迎えるまでの経緯や、飼育方法、わんちゃんとのコミュニケーションやしつけの仕方など原因はさまざまあるかもしれませんが、飼

近況のご報告

九州地方豪雨災害により被災された方々へお見舞い申し上げますと共に、お亡くなりになられました方々へ心よりご冥福をお祈りいたします。 直接伺う事は出来ませんが、こちらで出来る限りのご支援をさせて頂き、被災された皆様の生活が1日も早く戻られますことをお祈り申し上げます。 まだ安心は出来ない状況ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 誠に勝手ながら、5月・6月のわんちゃん・ねこちゃんのお誕生日のお葉書

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now