お泊りに関して

これから年末年始に向けて、ご旅行・ご帰省のほか、繁忙期によりお仕事で多忙な飼主様等、ご予定が様々組まれるのではないかと思います。


当店は1人体制でシッターとお預かりを行っておりますので、受けられるご予約件数は限られます事をご了承ください。


年末年始はどうしてもお日にちが集中してしまいますので、お早めにご予約をお願い致します。

状況によってはご希望のお時間やお日にちに沿う事が出来なくなりますので、何卒お早めに。。。


また、ご新規様のホテルのご利用は必ずわんちゃんと一緒にご来店頂き、事前打ち合わせのお時間をお取りいたします。

その時点でお預かりが不可能と判断する場合もあります。


※ご新規様・大型犬のお預かりの場合、以下に注視し、お預かりが困難となる場合もあります。

年齢・体重・性格・異なる環境に対する反応(他の犬や猫に吠え続ける・暴れる・放尿をする・食べない・下痢をするなど)


※ご新規様・小型犬・幼犬のお預かりの場合、以下に注視し、お預かりが困難となる場合もあります。

性格・ストレス・異なる環境に対する反応(他の犬や猫に吠え続ける・放尿をする・食べない・下痢をする・落ち着かないなど)

当店は、ハイシニア(老齢・要介護)の子のお預かりもある為、床に厚地のマットを敷いており、他にお預かりしている子達もお部屋内を自由に歩き回っておりますので、放尿してしまう子の場合は必ずマナーベルトをご持参ください。


猫ちゃんのお預かりは、食餌を食べない/トイレをしないなどストレスがかかる事がある為、極力ご遠慮ください。


※キャンキャン・ワンワン吠えてしまう子に関して

初めての環境で吠えてしまう子は時々いますが、慣れてくると他の子への警戒心も薄れていき共に生活する事が出来るようになります。

これは私がそばで一緒に過ごすからこそ成立する空間です。


しかし、どうしても吠えがおさまらないわんちゃんの場合、その子自身のストレスと他の子へのストレスを考慮しお預かりを中止させて頂く事があります。

せっかく預けたのに迎えに行かなければならないという事が無いように、事前打ち合わせ時にきちんとお話をさせて頂きます。


いずれはどこかへ預ける事を想定し


飼い始めたらすぐにしつけを行いましょう。


今後、自然災害時にも超重要なしつけです。

私は訓練士では無いので、出来る限りお手伝いをします。

お預かり中に動きや目線などを観察し、その子にとっての適切なしつけの仕方を見つけていき、飼主様にお伝えします。

しつけは飼主と飼い犬の信頼関係がなければ出来ません。

『コミュニケーション』『言葉』

この2つは家庭犬のしつけに置いて最重要だと思っています。

飼主の言っている事を聞こうとしない・理解しようとしない・それ以前に目を見れないわんちゃんの場合は、しつけのベースから作っていく必要があります。


わんちゃんの食生活・お散歩スタイル・排泄の仕方に問題があるとすれば、まず飼主様のしつけやお世話の仕方を見直してみましょう。

そこに改善のヒントがあると思います。


トイレ・食餌・お散歩などに関してお困りな事があれば、まずはご相談ください。



This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now